TOP > ACA の取り組み

建築設計・監理

■建築設計業務の流れ

企画、設計から積算・工事監理・アフターフォローまで総合的に取り組みます。

■高い設計品質の確保

社内における独自検証システムと、案件ごとに経験豊富な専任のプロジェクトチームを編成し、これまで蓄積してきた技術や知識をもとに、グループ全体で高い設計品質を確保します。ISO 9001 認証取得




環境設計

意匠・構造・設備・環境の各計画段階から、改修、解体・処分まで総合的な視点でコストおよび環境負荷の縮減を提案します。イニシャルコストの低減とともに、劣化しづらい構造躯体の採用や維持保全しやすい設備計画などランニングコストのかからない長寿命な建物とすることで、ライフサイクルコストを低減することができます。

■再生可能エネルギーの活用

自然エネルギーの有効活用によるエネルギー消費削減策をご提案します。
・自然採光取入れ―南面採光、隣棟間隔の確保
・太陽光利用―パッシブソーラーシステム
・アクティブソーラーシステム
・雨水利用―植栽への散水、トイレ洗浄水利用
・高断熱―外断熱(長寿命化)、ペアガラス
・地中熱―クールチューブ、クールピット

■環境性能評価

施設ごとに環境指標を分析し、環境負荷の縮減をご提案します。
・省エネルギー計算・診断、CO2 削減策の提案
・CASBEE 等を活用した環境フレンドリー型施設のご提案
・環境配慮技術のコミッショニング、性能評価


■BIM

 BIMとは、Building Information Modeling(ビルディングインフォメーションモデリング)の略称。コンピューター上に3次元の建物モデルを組み立て、コストや仕上等の情報を与え、画面上で実際の建物のように扱うことができる設計手法です。
 弊社では、BIMを用いて、視覚的に「環境シミュレーション(気流・熱・照度・日影・風向・太陽高度等)」を行うことができます。
   主なメリットは、ランニングコストおよび工事費の削減です。まず昼光利用による照明調光や多様な空調システムのシミュレーションにより照明・熱負荷などを省エネ化し、コスト削減かつ高効率を得られるよう設計できます。また一つのデータ内に意匠、構造、設備の3次元モデルが含まれ、各部門間及び各種図面間の設計や施工上の不整合が減るため、工期短縮によるコスト削減効果も期待できます。
 さらに竣工後のファシリティマネジメントでは、古い建物ほど図面がない等の現実的な課題に直面しますが、竣工当時の既存建物の情報が入っているモデルを整備し、設備更新や改修等の履歴を追加していくことで、経営・維持保全のしやすさ、エネルギーの有効利用など、BIMを利用した建物のライフサイクルマネジメントが期待されています。
 エーシーエグループではいち早くベトナムのグループ技術者が技術を修得しており、国内との連携による環境シミュレーションのアウトソース先として期待されています。


  • <風向シミュレーション>
    建物周りの風の流れを可視化
    建物による影響を分析

  • <層ごとの風洞シミュレーション>
    風向 / 風速の影響を可視化

  • <工場内気流及び温度分布シミュレーション>
    生産設備による発熱排出系統検討

  • <厨房内気流及び速度分布シミュレーション>
    厨房器具からの湯気による結露検討




クライアントサポート

■設計前

・医療福祉施設設計コンサルティング
 医療・福祉施設等の公募提案時に、法人様のご意向に添った計画立案とともに、
 各種補助金申請やプレゼンテーションのサポートをいたします。
・各種補助申請業務
・建築基準法、都市計画法、その他関係法規・条例の調査
・敷地調査、地質調査など


■竣工後

建物の維持管理を容易にし、将来にわたって持続的に最適化を図るために、必要 な調査・診断、メンテナンス計画や既存施設の状況把握をお手伝いいたします。
定期的な検査は、建物の寿命を延ばすメンテナンスとしてだけでなく、万が一の 災害時、利用する方々の安全・安心を確保することにもつながります。
・特殊建築物の定期報告
・防火設備点検、耐震対策
・耐震診断




リニューアル

循環型社会への転換が求められている現代、公民を問わず、既存ストックの有効利用が求められています。弊社では企画段階からご相談に乗り、耐震診断から設備改修まで、各専門職があらゆる状況に総合力で適切に対応します。総合的なリニューアルデザインで、建物に新たな息吹と資産価値を創出します。

■建物再生(リノベーション・コンバージョン)

用途転換するコンバージョン、同一用途で内外装を変えるリノベーションなど、既存の建物に新たな価値を生み出します(写真)。

■耐震改修

地震に対する建築物の安全性の向上を目的として、一定の建築物に対し、耐震診断の実施が義務付けられました。診断の結果、耐震性能が所定のレベルに達していないと判断された場合は、補強検討を行う必要があります。民間施設の耐震改修も実績があります。

■省エネ改修

省エネ設備への更新によるCO2削減、自然エネルギーの積極的活用は、ランニングコスト低減効果とともに、お客様の資産価値を長寿命な建築が期待され、現代の社会的要求事項となっています。

BEFORE    長野市中心市街地「ぱてぃお大門 蔵楽庭(くらにわ)」    AFTER




市街地再開発事業等

人口減少や少子高齢化など激動の時代、コンパクトなまちづくりが進められてい ます。私達は特に地元長野市の中心市街地活性化事業において、関係機関との協 働により、地域の現況調査や地権者との調整をはじめ、設計から監理業務まで行っ ています。また、視察を踏まえた事業手法の検討や時代のニーズに合わせた計画 案の作成、補助申請等も含めたコンサルティングにも協力しています。


© ACA SEKKEI CO., LTD.